4980円のDVDを0円でプレゼント中!

26 【読まれるブログ5つのポイント】わかりやすい

「検索意図を把握してから、記事を書く」かぁ〜。

わかってきた気がする(^^)

いいね♪

検索した理由をしっかり把握してから書き始めようね。

そうすると、読み手にとって役立つ記事になるよ。

そうだよね。

他には記事を書く上でポイントある?

まだまだあるよ〜♪

きちんと読まれるブログになるために必要なことが(^^)

なんだろう・・・
それは、「わかりやすさ」なんだ。
意外と簡単!(笑)
簡単だけど、侮ってはいけないよ!

わかりやすい=信頼

だからね。

確かにね。わかりやすい方が読みやすいしね。

でも難しいよね。

どうしても専門的になる場合もあるし・・・

専門的=良いコンテンツなわけだけど、

専門性には「わかりにくさ」というリスクもあるんだよ。

専門用語ばかりでてくると、読むのが嫌になるもん。

特にウェブマーケティングとか、本当に苦行・・・

そうだよね。

だからこそ、「わかりやすさ」が必要なんだ。

そういうことね。
一般的に難しくて専門的な情報としては、政治や経済のニュースがあるよね。

でも、池上彰さんはそれを誰でもわかるように解説している。

うん、池上先生は凄くわかりやすい。

私でもわかる言葉や例えを使ってくれるし。

だよね。

そうなると、池上先生に信頼が生まれるでしょ?

そうね。

小難しいことばっかり言ってる専門家よりも断然ね。

よって、情報を伝えるには「わかりやすさ」が欠かせないんだよ。

難しいことを難しく言うことは誰だってできるからね(笑)。

それを、いかに易しく伝えられるかがポイントなわけ♪

納得!

じゃ、ブログでどうやって「わかりやすさ」を演出したらいいの?

それは簡単だよ(^^)

この3つを意識してブログを書いてみよう。

  1. 画像や動画を用いて説明する
  2. 会話調にする
  3. 小見出しを活用する

この3つを使えば、自ずと読みやすくなるよ♪

文字だけよりも、画像があると圧倒的に見やすいよね。

会話調っていうのは?

まさに、僕達がいまやっているようなことだね。

文章で説明するよりも、対話形式だったり、セリフが入っていたほうが読みやすいよね。

確かにね。

私マンガよく読むけど、会話の方が頭に入ってくるもん。

でしょ?

だから、そういう工夫をしてみようってこと。

なるほど〜。

あとは、小見出しか。

小見出しは、記事のアウトラインを作る段階で決めておくといいね。

目次みたいなやつだよ。

目次があれば、読者は迷わずに読み進めることができるからね。

文字が長く書かれていたら、頭がおかしくなりそう(笑)。

区切りが欲しいよね。

そうそう。

小見出し毎に分かれていれば、ちゃんと論理立てて説明することができるからね。

視覚的にも読みやすいし、話のつながり的にも理解しやすいね。

そうか。じゃこの3つを意識して書くね。
そうだね。

「わかりやすさ」を大切にね(^^)