4980円のDVDを0円でプレゼント中!

25 検索意図の正しい考え方

検索意図かぁ・・・

悩みを分析するにつれて、段々わかってきような。

じゃ、今回は本格的に検索意図について考えていこう。

とても大切なことだから、集中してね♪

暑苦しい・・・・
うるさい!集中だぁぁぁぁ!!!
お手柔らかに。
検索意図が分かれば、読者にとって有用なコンテンツとなるんだ。

読者にとって有用だとわかれば、Googleだって検索結果の上位に上げてくれる。

うん、その辺はOK!
検索意図は機械(Google)にとっても、人(読者)にとっても重要な要素なんだよ。
そうだよね。

検索意図を考えられているブログ記事は、良質なコンテンツって言えるもんね。

Googleも言ってるもんね、ユーザーに焦点を絞れば結果は自ずとついてくるってさ。

やばい、ハルナちゃんが詳しくなっている(笑)。

ほんとにその通り。

だから、この機会に検索意図の考え方を見ていこう。

よろしく♪
まずはシンプルにこの3つの問いを考えてみよう。

  1. なんで検索したのか?
  2. 何が知りたいのか?
  3. ユーザーの望んでいる記事はどんな記事?
はいはい、なるほど。
検索するってことは何かしらのモヤモヤがあるから、それを考えてあげよう。
うん、大体イメージができてきた!
そしたら、もっと深く見ていこう。

検索する人の背景を考えていこう。

 

背景?
そうそう。検索している人の今の状況を考える。

そうすると望んでいることが明確になるよ。

え?例えば?
例えば、ブログというテーマだって、

  • ブログを始めたい人
  • ブログを読みたい人
  • ブログで稼ぎたい人

という、それぞれの背景があるでしょ?

確かに!

こうなると、欲しい情報はガラッと変わるね。

そう。できるだけそのズレを解消するんだ。

「ブログ 書き方」というキーワードでも、

仕事目的で書きたい人と、趣味で書きたい人がいるように、その人の環境を理解する必要があるんだ。

そっか。
「ダイエット 食事」というキーワードだってね、

美容目的の人と、ドクターストップがかかるくらい危ない人が考えられるよね。

どんな環境の読者に向けて書くのかがとても大切。

そういうことね。

これは、しっかり時間を取って考えたほうが良さそうね。

もちろん。まずは自分で考えてみて♪

ただ、自分で考える以外にも方法はあるから念のためシェアしておくね。

それは助かる!ありがとう。
検索意図を把握する方法としては4つあるよ。

  1. Yahoo知恵袋等のQ&Aサイトで検索
  2. Twitterの検索窓での話題の会話を見つける
  3. NAVERまとめ等のキュレーションメディアで検索
  4. 検索して1ページ目に出てくるサイトを研究
おお、確かにこれなら発見がありそう♪
要はネット上で話題になっていたり、会話が生まれているものを見つけるってことだね。

そこにヒントになる質問や会話がある可能性が高いからね。

一番オススメの方法は?
一番のオススメは、4番目かな!

実際に検索して、上位表示されているブログを研究した方が力が付くしね。

そうだよね。

ちょっとやってみるね。

頑張ってね♪