商品・サービスの申込は「決済と同時」にする

「入は早く。出は遅く」

これは商売の鉄則。

入金はできるだけ早くなるように、出金はできるだけ遅くなるように努力する。

ウチでも、この商売の鉄則にしたがってきた。

具体的には、セミナーやワークショップをはじめとした商品・サービスは「完全前払い」。

広告費や通信費などの経費はすべて「クレジットカード支払い」。

何ヶ月も先の売掛がある上に、支払は最低でも1ヶ月先なので、手元のキャッシュがうるおう。

そのキャッシュを広告費や研究開発費にかけることができるので、また余裕キャッシュが増える。

「入は早く。出は遅く」を徹底することで、良質なサイクルを創り出すことができる。

今回、このサイクルをより徹底するようにした。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。