AffinityDesignerをチュートリアルで学べるYouTubeチャンネルの紹介

AffinityDesignerって、Illustratorの代用ツールとして大変便利ですよね。

買い切りなのが大変嬉しいところです。

しかし、はじめてデザインツールを使う方からしたら、操作に戸惑うと思います。

こういったツールは動画で見たほうがわかりやすいですね。

そこで、今回は、「AffinityDesignerをチュートリアルで学べるYouTubeチャンネルの紹介」をご紹介します。

YMRchannel

YMRchannel」というYouTubeチャンネルです。

基本的な操作をチュートリアル形式でわかりやすく解説しています。

一見難しそうに見えますが、こういったデザインツールは思いの外、基本的な操作でデザインが可能なんです。

操作については、こういった動画で覚えるのが一番ですね。

AffinityDesignerだけでなく、Apple製品やカメラなどのガジェットについての動画も数多くあります。

もし、「AffinityDesigner」に絞って動画を見たい場合は、検索窓(チェンネル内の)を利用しましょう。

そもそも、AffinityDesignerってどんな時に使う?

もう片方にPhotoshopの代用として使える「AffinityPhoto」というツールがあります。

AffinityPhotoが写真の加工に使う感じで、AffinityDesignerは、

  • チラシなどの印刷物
  • ロゴなどのイラスト素材
  • YouTubeチャンネルアートのようなSNSのカバー画像

の作成に使うことが可能です。

たとえ外注したとしても、デザインの元データをもらうことが出来れば、自分でのカスタマイズが可能となりますので、こういったツールを揃えておくのは損ではないです。

もしろ、デザインは大変奥が深いので、一度プロにデザインしてもらい元データをもらい、自分でもある程度のカスタマイズが出来るってのが、上手いやり方ですね。

例えば、ヘッダー画像だったらデザイン自体を大幅に変更するというよりは、ABテストをしたいから文言の修正だけ、自分でも出来るようにしておくとか。

ロゴ画像も、背景色によっては色を変更して配置したい場面があるから、色の変更方法といった簡単な操作を覚えておくと大変便利です。

編集後記

今回は、「AffinityDesignerをチュートリアルで学べるYouTubeチャンネルの紹介」をご紹介しました。

ちょっとしたデザイン作業も自分で出来るようになりますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで