カバンの中身をスッキリ整理できる「キャリングポーチ」が使える件。

カバンの中身って、ごちゃごちゃになりがちですよね。

私は典型的なO型なので、かなり大雑把にモノをつっこみます。整理が苦手なんですね。

苦手なものは、意識を変えてがんばる。こんなことでは継続できないし、ゆとり世代の私にはしんどいです。

そんな時は決まって”何か”に頼ります。

ということで、今回はそんな私のようにズボラな方でもカバンの中身を整理できる「キャリングポーチ」をご紹介します。

キャリングポーチとは?

スマホ・スマホの充電器・PCの充電器・USB・ポケットWi-Fi・ボールペン・メモ帳・音楽プレーヤー、、、。

これらの仕事で持ち歩く道具をすべて収納できるのが「キャリングポーチ」です。

バックの中にいれて持ち歩くのも良いですし、別売りのベルトを買って肩がけして使っても良いです。

実際に使ってみるとカバンの中身がスッキリして心地良いです。

サイズは、A4・A5・A6・B5、、、といった感じ、必要な用途によって対応できるように様々なサイズがあります。

メーカーですが、「リヒトラブ」がオススメです。というよりも、Amazonのページと見てもらうとわかるとおり、「キャリングポーチ」のほとんどが「リヒトラブ」のものですけどね。

私のように整理が苦手な方の参考になれば幸いです。

編集後記

今回は、「キャリングポーチ」についてご紹介しました。

物忘れも防ぐことが出来て一石二鳥です。

仕事視点で紹介しましたが、旅行に行く際なんかも真価を発揮するのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで