残穢(ざんえ)住んではいけない部屋 | おすすめホラー映画の紹介

映画を見ることで、自分が体験したことのない、非日常を体験する事が出来ますね。

そんな非日常を体験出来る映画の中でもホラー映画は別格で面白いです。

作品によっては突っ込みどころ満載ですが、中にはストーリーがちゃんとしているホラー映画も多数あります。

そんなホラー映画の中でおすすめなのが、今回ご紹介する「残穢(ざんえ)住んではいけない部屋」です。

残穢(ざんえ)住んではいけない部屋

リング・着信アリ・呪怨…etc。

これらは日本で公開された代表的なホラー映画ですね。

ストーリーもあって、見る人を飽きさせません。なにより、日本独特の不気味な雰囲気があります。

そんな映画自体のストーリーも面白いホラー映画が「残穢(ざんえ)住んではいけない部屋」です。

小説「残穢(ざんえ)」が映画化されたものです。

リングの貞子、呪怨の伽椰子や白塗りの俊雄のような代表的なキャラはいないものの、かなりミステリー要素が強い映画なので、純粋に面白いですよ。

どんな内容??

ストーリーは、一人の女子大生(橋本愛)が住んでいる部屋から、布と畳がこすれる音がするという怪奇現象から始まります。

そして、そのこすれる音が明らかに自殺した女の人が着ていた着物の音であることが、後々になって判明します。

その部屋に一度でも住んだ人は、すぐに引っ越し、元の住人は必ず不審死を遂げる。

この怪奇現象を、怪談を短編小説にしている作家(竹内結子)に送ったところ、面白がった作家がその部屋のマンションの周辺を調べ始めます。

そして、怪奇現象の発端は、その土地の歴史(明治大正あたりから)が関係していることが、ストーリーが進むにつれて判明していきます。

この映画の監督である中村義洋さんは、フィクションであることを話していますが、原作者の小野不由美さんはフィクションであることを一言も話してないそうです。

もしかしたら、実話かもしれませんね(笑)

詳しいストーリーは、ぜひ映画の方を見て下さい。

編集後記

今回は「残穢(ざんえ)住んではいけない部屋」についてご紹介しました。

冷静にみると、現在住んでいる土地の歴史に興味が湧いてくる映画でした。

ホラー要素よりも、ミステリー色が強い映画なので、苦手な方でも見れると思います。

ちなみに、U-NEXT で視聴できますよ。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで