ウェブ制作を外注する際の注意点 |外注に丸投げがもっとも危険な理由

ホームページ(ブログ)、ランディングページ、メルマガ、ステップメールなどのメール配信システムの設定…etc

これらのウェブ集客に必要なものを、ウェブ制作会社に外注する方が手っ取り早いイメージがありますね。

しかし、外注をするにあたって知らなければならないことが、実はたくさんあるのです。

まず、どういった方法で外注するかですね。

どの制作会社に依頼するか、クラウドソーシングで依頼するか、フリーランスに依頼するか。と、どれも一長一短あり、どれが良いのか迷いどころ。

また、料金プランはいくらか?毎月のランニングコストはいくらか?修正だと追加で料金がいくらかかるか?といったところの費用も調べなればなりません。

そして、上手く外注先が見つかったとしても、自分の思い描いた理想通りに注文できるかというと難しいです。

ある程度ウェブに精通していないと、自分がどのようなサイトを作成したいかを伝えるのは実はとても難しいです。

自分がよく知らないもののイメージを共有するのは、とても難しいことですよね。

とはいえ、よくわからないからとりあえず丸投げが一番危険です。スモールビジネスオーナーの方とお話する機会が多いですが、こういった丸投げした外注で上手くいっている方を未だに会ったことがないです。

これは外注が悪いって意味ではなく、以下の理由からですなんですね。

「よくわからないから全部お願いしよう」が危険な理由

まず1つ目、バカにならない外注費を上手く回収しているような方は、ウェブの仕組みの大枠は自分で作り運用していることが大半です。

この場合、どんな外注方法をしているかというと、サイトは自分で運用し、ブログ記事だけといった部分的なところを外注しているといったやり方です。

しかも、ブログ記事を書けないからというよりは、書けるけど他のことに時間を使いたいから、記事を骨子は自分で作り、実際の書く作業はお願いしているという使い方をされているようです。

あと代表的なのが、動画編集ですよね。動画を自分で撮影して、当初自分でもやっていたいた動画編集だったけど、めんどくさくなって外注した。といった使い方です。

この場合、ある程度は自分で出来るわけなので、外注する際も細かい箇所をお願いしやすいですよね。

2つ目、普段からウェブに触れてなさそう方がけっこう多いです。

普段から少しでもウェブに触れていないと、仕組みのイメージがしにくいことが多いです。

例えば、広告をクリックして、メールアドレスを取得するページが表示され、実際に登録してみると無料でコンテンツが提供されて、1日おきにメールが届いた。最終的に直近で開催されるセミナーの案内・無料相談などがきた。その定期的にメルマガが届く。

といった感じで、個々の名称に詳しくなくてもざっくりとイメージがつくと、ウェブ集客の仕組みを構築しやすいのは言うまでもないですね。

外注してあとにホームページなどの制作物を実際に運用していくのは、あなた自身です。

ホームページがウェブ上にあるだけで、自動的に集客してくれる状態を作るには、少なからず自分で運用していく必要があります。

特に何もしなければ時間が経過するにつれて、ある程度リテラシーのあるユーザーなら、このサイトは全然更新してないことに気づきます。

更新日が表示されたり、記事数が少ないと感づくからですね。このサイトはあまり本格的に運用していないと。

各種SNSが身近になり利用しているユーザーが増えてきたとはいえ、まだまだウェブをやっていく以上、Googleの検索エンジンからの流入を狙う為に、ブログ記事の更新は欠かせません。

ブログ記事もただ更新するだけでは、だれにも見られないことが多いので、最低限のSEOの知識や気になるようなタイトル付けをしなくてはなりません。

こういったことも、普段からGoogleでの検索を利用していなければ、なかなかイメージがしにくいですよね。

文章の雰囲気だったり、どういった場所に画像を配置しているかとか、見出しを配置しているかとか。普段からブログ記事にふれていないとピンとこないと思います。

今回お伝えしたことの逆を、これから意識してみるとウェブ集客の実践がしやすくなり、外注依存を防げると思います。

1つ目、はじめは当然小さくでもいいし、いきなり自動化ではなくていいので仕組みを自分で作り運用してみる。

2つ目、普段からウェブ上のGoogleやFacebookといったプラットフォームに表示された記事や広告に触れてみる。(できれば同業の)

といったことを少しづつでもいいのでやってみましょう。

編集後記

今回は、「ウェブ制作を外注する際の注意点 |「よくわからないから全部お願いしよう」が危険な理由」についてお伝えしました。

せっかくなら、自分の商売ですし、一番よく理解している自分で形にしたいですよね。

参考になれば幸いです。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで