fbpx

インターネットマーケティングで重要な2つのスキル

「どうしたら、女の子と上手く話せるの?」

友人から、突然聞かれました。

どうやら、恋人ができずに悩んでいたみたいです。

私はホストではないので、抜きん出て得意なわけではありません。

ですが、わりと得意なほうです。(女子力抜群の姉がいるのが、影響しているかも)

女性とうまく話せない

私の友人には、女性を話すのが極端に苦手な人も多くいます。(冒頭の友人もしかり)

個人的には、異性と話すのが苦手でも、良いと思ってます。

別に、それだけが全てじゃないので。

むしろ、無理して違う自分を演じるほうが、どうかとも思いますしね。

なんかアドバイスくれよ〜

とはいえ、「異性と話せるようになりたい」と強く思っている友人がいます。

そして、助言を求められます。

非常に難しい質問でした。

でも、友人のためです。これまで、自分がしてきたことを考えました。

決して、恋愛商材を販売しているわけではございません。(笑)

友人へのアドバイス

  • 1回目は、夜ご飯を一緒に食べて距離を縮める
  • 2回目で、お昼からデートに行く
  • 3回目は、季節のイベントにいって告白する

という実体験のアドバイスをしました。

「なるほど、なんかそれなら行けそうな気がする」

友人の表情は、希望にあふれていました。

あれ、うまくいかない…

ところが、結局うまく行かなかったそうなのです。

しっかりステップを踏んで説明したのにも関わらず、失敗に終わる。

自分の成功体験ベースで、しっかり助言した。

でも、友人はうまくいかない。

なんでなのか意味がわかりませんでした。

しかし友人と会話を重ねていくうちに、原因がわかりました。

「実際どうやるんだ」が欠落

それは、

  • 具体的に、どうやって距離を縮めるのか
  • 具体的に、どういうデートプランなのか
  • 具体的に、どんなイベントに行くのか

といった、肝心の中身が不明瞭だったということです。

魔法の言葉「例えば?」

この不明瞭さを明かすヒントは、「例えば?」という質問です。

「例えば」と聞かれれば、こちらも具体的なアイディアが出ます。

  • 花見
  • 花火大会
  • ロックフフェス

といった、具体的なプランが出てくるわけです。

「例えば?」で具体的な内容を聞く

具体的な話をすれば、人の脳内のイメージは鮮明になります。

それ以降友達は、しつこく「例えば?」と聞いてきました(笑)。

その甲斐あってか、今はうまくいっているようです。

「抽象」と「具体」の使い分けがポイント

  • 大まかな流れを知る(抽象)
  • 「どうやるか」という具体的な内容を知る(具体)

この2つをセットで考えることで、うまくいくようになります。

この考え方って、ウェブマーケティングでも一緒なんです。

ウェブマーケティングでも同じ

なぜ、こんな他愛もないエピソードを紹介したのか。

それには理由があります。

「抽象」と「具体」の使い分け。

実はこれが、ウェブマーケティングの成功の近道だからです。

流れを知り、個別の内容を深める

  • 1回目は、夜ご飯を一緒に食べて距離を縮める
  • 2回目で、お昼からデートに行く
  • 3回目は、季節のイベントにいって告白する

ということを理解する。

その上で、「では、具体的には?例えば?」と考える。

こうすることで、細かい部分の行動まで落とし込めます。

ウェブマーケティングでやりがちなこと

これは、ウェブマーケティングと酷似しています。

  1. ブログどう書いたらいいんだろう
  2. メルマガを継続的に書くためにはどうしよう
  3. コピーライティングはどう書けば良いんだろう

こういうことを、先に考えてしまう方は非常に多いです。

具体的な内容が、先行してしまっている状態です。

具体的な内容の前に、全体(抽象)を知ることが重要

そんな方に、

  • ブログは、何のために書くのか?
  • メルマガを書く目的は?

と聞くと、明確に答えられない方も多いのです。

具体的に「書く」という行為の前の、全体を「描く」という行為が抜け落ちています。

具体的な内容は大切ですが、頭の中で全体が描けていないと、ちぐはぐになってしまいます。

ウェブマーケティングの「描く」スキル

ウェブマーケティングにおける全体を「描く」という行為。

それは、導線設計になります。

  • お客様がブログを見て
  • メルマガに登録をして
  • メルマガを読んで
  • ランディングページで商品に申し込む

といった、一連の導線のことです。

導線がなければ、個々のテクニックは死ぬ

この導線が無ければ、いくらブログを見られても集客に繋がりません。

穴の空いたバケツのように、見込み客は流れていってしまう。

そうなれば、もう2度と戻ってこない可能性があります。

個別具体的な話よりも、その前の全体が大切なのです。

描いてから、書く

ウェブ集客の導線を予め描き、その上でコンテンツを書けばいいのです。

そして、書きながらも、描くことを忘れずに、抽象脳と具体脳を使い分けます。

「描く」と「書く」と自在に使い分けでくださいね。

(参考:ブログのアクセスアップの前にやるべきこと

編集後記

全体を構成する、箱を描いてから、具体的な施策を検討してみてくださいね。

”順番が逆”

という理由だけで、時間とお金を無駄にしてしまう。

これは、とても惜しいことです。

女性にモテる必要はありませんが、お客さんにはモテたいですね。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで